ご遺体搬送の手順と長距離搬送の場合について

TEL:0120-497-594年中無休/24時間受付

0120-497-594
今すぐ寝台車の手配ができます

ご遺体搬送の手順Flow

お急ぎの方でもすぐに対応可能

緊急な場合に備え、ご搬送の担当者が24時間待機しておりすぐに対応ができます。深夜早朝にかかわらず遠慮なくご連絡ください。
概算のお見積りは最短5分でお知らせいたします。

■当社は、国土交通省運輸局より運送許可を受けた自社保有の搬送車両を使用しております。

ご逝去の時

亡くなられた場所により対処の仕方が異なります。
慌てずに弊社へご連絡下さい。

病院

病院

老人ホーム

老人ホーム
病院で亡くなられた場合、病院内の霊安室は半日程度しか利用できません。すぐにご連絡ください。
※ 病院提携の葬儀社はお断りしてもOK。
医師より死亡診断書が発行された後、冷房を効かせた居室又は霊安室でお待ちください。 老人ホームは時間に余裕があるので、慌てずにご連絡ください。

警察署(事故・不審死)

警察署

自宅

自宅
監察医による検視・解剖等を行い死体検案書が発行されます。各都道府県により対処方法が異なります。
必ず警察の指示に従ってください。
自宅療養で亡くなられた場合は、かかりつけの医師より死亡診断書を発行してもらいます。 なるべく早めにご連絡ください。
深夜早朝でもOK 0120497594

搬送の手順

遺体搬送のながれ
■下記の内容をお知らせください。
❶ 故人・代表者のお名前と連絡先
➋ 死亡場所の施設名または住所
❸ 到着先の施設名または住所
※必要書類
死亡診断書(死体検案書)のコピー1通

ご安置先が決まらない場合

ご安置先の準備が整うまで、当社にて一時安置する事ができます。
遠慮なくお申し付けください。

安置室は無料
安置室 お部屋タイプで1組限定
料金 無料
備考 読経・お線香を炊くことはできませんので予めご了承ください。
遺体搬送のながれ
■下記の内容をお知らせください。
❶ 故人・代表者のお名前と連絡先
➋ 死亡場所の施設名または住所
❸ 到着先の施設名または住所
※必要書類
死亡診断書(死体検案書)のコピー1通

ご安置先が決まらない場合

ご安置先の準備が整うまで、当社にて一時安置する事ができます。
遠慮なくお申し付けください。

安置室は無料
安置室 お部屋タイプで1組限定
料金 無料
備考 読経・お線香を炊くことはできませんので予めご了承ください。

ご搬送の前にBefore

準備しておく内容

長距離のご遺体搬送を行う前に、死亡診断書の準備・安置先・現地の葬儀社を事前に決めておくとスムーズにご搬送が行えます。

死亡診断書 医師から手渡されるので、コピー1枚を準備します。
安置先を決める ①葬儀社の安置室|受入れ時間の指定がある場合がございます。
②自宅に安置|お部屋の清掃をお願いします。男手(2~3人)が必要です。
葬儀社 ご遺体の状態等の説明の引継ぎを行います。

死亡診断書について

・「死亡診断書」はご遺体を搬送する時に必要となる重要書類です。
・コピー1枚を準備しドライバーにお渡し下さい。
・原版は必要事項を記入後、役場に提出しなければなりません。
※ 警察介入の場合は「死体検案書」と呼びます。

もっと詳しく

0120497594

<< 前のページに戻る